アヴァンタイトル

 

夕暮れ 伸びきった影が 闇に溶けていく トワイライト

街のはずれの水銀灯が 気だるそうに灯る

その時 その刹那 一瞬を掠めるように

ドアを開け しなやかに滑り込んでくる 助手席のシート

これから始まる夜へのイントロダクション

短く視線からめて そして口づけるまでの

出来すぎたアヴァンタイトル

とどめられずにいた思いを 燃やし尽くすように 重ねて

抱きあえたら 夜は思うまま

鏡の向こうから見つめられて 目をそらした

やましさ 見透かされたようで 少し むきになる

許されない愛なんだと 肩をすくめて

悲劇のただ中に 酔いしれてみる

それはほとんど喜劇 捨て身のブラックジョーク

とどめられずにいた思いを 燃やし尽くすように 重ねて

抱きあえたら 夜は思うまま

思い 胸にとどめられたら どんな今を生きていたの

言葉 さがす パラレルワールドの中で

とどめられずにいた思いを 燃やし尽くすように 重ねて

抱きあえたら 夜は思うまま

© 2023 by Sunshine Lab. Proudly created with Wix.com